2009年09月09日

これから出張です。

ご覧いただき、ありがとうございます。


今日も急遽、四国へ出張となりました。
今日の夜に高速バスに乗って四国へ行ってきます。


座席は3列で、ゆったりしているそうですが、
実は高速バスは初めて乗るので、
少々緊張しています。

また、お知らせします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますように、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

目黒のさんま祭りについて

ご覧いただき、ありがとうございます。


今日はちょっと息抜きといった感じのお話です。

昨日の話しなのですが、
目黒区で恒例となっている「目黒のさんま祭り」が行われました。

さんま祭りの前日にテレビ東京の”出没!アド街ック天国”では、
目黒の放映がされました。

目黒のベスト1位は「目黒のさんま祭り」でした。
その影響はかなりあったようで、
通年よりも来場者数が大幅に増えたとのことです。

「目黒のさんま祭り」をご存じない方もいらっしゃると思いますので、今年の様子が下記に掲載されていますので、ご覧ください。

みんなの経済新聞ネットワーク より


新鮮なさんまが無料で食べられることもあり、
行列は最大1.5kmになり、5時間並んだ方もいたそうです。

そして、徳島県神山町産のすだちも用意され、
至れり尽くせりですね。

さんま自体は安い魚かもしれませんが、
バーベキューと同じような感覚なのでしょうね、
屋外で、大勢で食べるというのは美味しさが倍増することでしょうね。


毎年、行きたい!と思うのですが、
時間の都合がつかなくて....。

今年も目黒通りを通る時にはもう終わっていました....。


ご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますように、お祈り申し上げます。

posted by マイロ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

統一教会の礼拝「大祝典に最大の精誠を捧げましょう!」

ご覧いただき、ありがとうございます。


本日は日曜日のため、統一教会の礼拝に参加して来ました。
その礼拝の説教要約をお知らせします。


題目:大祝典に最大の精誠を捧げましょう!

8月31日の八定式はアラスカで宣布されましたので、通年であれば式典はアラスカで行われることが多かったのですが、今回はアメリカのラスベガスで行われました。


七死復活と八段完成というみ言をくださり、亨進様はそのことに感謝され、敬拝を捧げられました。

そのことは以前もお話ししましたが七度、生きて十字架の道を越えてこられたのが文鮮明先生ですし、地獄の底のような所にいた私たちを助けるために、文鮮明先生は信じられないような道を行かれました。

この八段完成というの八定式のことを指しますが、
文鮮明先生の焦るような思い、切実なる思いを理解していかなければなりません。
今回の八定式では叱咤激励され、突き放されましたが、そう言いながらも、ただ見ていらっしゃる文鮮明先生ではありません。
本当に情が通っているので、罵ったり出来るのです。

極端なみ言や情報が伝わりやすいこともありますので、文鮮明先生の真意を我々は悟るべきです。


ある時は火のようなみ言で我々を叱咤激励されますが、ご高齢の文鮮明先生に甘えてはいけません。

文鮮明先生のご心配と焦る気持ちをといて差し上げられるような私になることが大切です。


10月14日に祝福式が行われます。

私たちは氏族においては出発点でしかありません。先に統一教会に導かれた立場であり、その恩恵を氏族に広げていかなければなりませんね。
自分たちだけのものとしてはいけません。

与えてあげようという文鮮明先生の心情、七死の峠を越えられて、子供を救いたいという文鮮明先生の心情を思えば、ただただ感謝です。
そうではないですか?

文鮮明先生は地上にいらっしゃる間はどれだけの救いを出来るかを考えていらっしゃると思います。祝福家庭に対してどこまで親として責任を持とうとしていらっしゃる文鮮明先生です。

それは心を掻きむしるような思いをされることもあると思います。
私たちの生きる一つ一つの歩みに革命をもたらせてくださいと祈らなければなりません。そうすることによって文鮮明先生の深い心情世界を理解することの出来ると思います。


以上で、礼拝の説教要約は終わりです。


今日の礼拝に参加して、とても申し訳ない思いがわき上がってきました。
八定式のビデオを拝見しましたが、その中で文鮮明先生は
「八定式(の意義)を知らずして....。」と語られていらっしゃいました。

本当に幼い私であったと反省させられました。
知っているつもりになっていてはいけませんね。
”知っている”と“出来る”は意味が違います。
理解していても、それが実行に移していなければ、それは知らないと言うことと同じなのです。

血統転換をしなければ心情革命出来ないと言われるように、
難しい時ですが、文鮮明先生御夫妻の心情を理解し、相対にたてるよう日々精誠を捧げて、前に進んでいきたいと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますように、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

1ヶ月を終えて

ご覧いただき、ありがとうございます。


今日はこのブログを始めて、丸1ヶ月経ちました。
始めた当初の目標は、
”統一教会”と検索された際に、
5ページ以内に入ることでした。

その目標は何とかクリアできました。
yahoo!で”統一教会”で検索すると、
42番で、5ページ目に当ブログが出てきます。

このブログを応援してくださった方たちのお陰だと思います。
ありがとございます。


7月度、”統一教会”と検索した件数は、
25,230件でした。

6月度の56,260件に比べると大きく減少しました。
しかし、このことには理由がありました。
”統一教会”を含むキーワードでかなり急上昇したものがあったからです。

それは、
”統一教会 記者会見”で、17,400件です。

徳野前会長の記者会見を確認するために検索されたのだと思いますが、
「統一教会は信者の経済活動の指導はしていない」とし、
「社会にご心配をかけ、一般信者にも迷惑をかけた。道義的責任を取る。」と語られました。

この記者会見の様子はテレビのニュースなどで報道されることはありませんでしたが、とても堂々とし、立派な会見だったと思います。

個人的に徳野前会長の辞任は残念なことでしたが、
最後まで変わらぬ姿勢で私たちを指導してくださった雄姿を忘れないようにしたいと思います。


このブログのカテゴリーは実は”ビジネス”です。
”宗教”ではありません。

多くの方たちに、宗教とはあまり縁がない?と思っている方たちにも、
”統一教会”の素晴らしさを少しでも感じていただけたら嬉しく思います。

ここ数日、出張もあり、
日記ブログと化していましたが、
明日からは、ブログというツールについてお話ししたいと思っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますように、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 23:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

心の掃除2

ご覧いただき、ありがとうございます。


昨日の続きです。
何だか嵐を匂わせる終わり方をしましたが、
実際に私にとっては嵐のような時間でした。

仕事が早く終わったため、
急遽、徳島県の剣山に登ることになりました。

現在地から車でも3時間近くかかる所です。
尚かつ頂上までとなると大変です。

そうこうしている内に車は出発しました。
車で行ける所まで車で、と言うことでしたが、
山道にさしかかると少しずつ霧が出てきました。

a090830012.jpg
【管理人撮影】

上の写真はリフト乗り場前の道です。
先が見えません。

a090830005.jpg
【管理人撮影】

何とか登りの最終の3時半に間に合いましたが、
下りの最終が4時45分です。
果たして、剣山の頂上まで行けるのか....。

a090830006.jpg
【管理人撮影】

登山リフトは約15分で登りましたが、
下山まで1時間、この悪天候の中、どこまで行けるのか....。

a090830008.jpg
【管理人撮影】

少し山を登って、下を撮った風景です。
a090830009.jpg
【管理人撮影】

頑張って登りましたが、
下山する時間を考えると難しいと判断し、
頂上は幻となってしまいました。
a090830010.jpg
【管理人撮影】

実際に登ったのは、リフトの駅と頂上の中間地点でした。
それでも険しい道のりでした。
4時45分のリフトもギリギリ乗ることが出来ました。


山を道行く人たちは皆、
「こんにちは」と必ず挨拶していました。

私もとても清々しい気持ちになり、
「こんにちは!」と挨拶していました。
面と向かって挨拶することはとても大事なことですね。

普段の生活では、
パソコン相手ににらめっこしていることが多く、
今回の四国の出張では、
自分自身の生活を見つめ直す機会を神様からいただいたと思いました。


途中で高山植物がキレイに咲いていたので、
何枚か写真を撮りました。

a090830011.jpg
【管理人撮影】

この花はあとで調べると「シコクフロウ」という植物だそうです。
他にも何枚か花の写真を撮りましたので、
機会があればご紹介したいと思います。


夜8時に夕食を終え、四国を後にしました。
途中で休憩や睡眠を取りながら、
次の日の早朝に東京へ着きました。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
ラベル:神様 剣山
posted by マイロ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

心の掃除1

ご覧いただき、ありがとうございます。


8月30日から急な出張のため四国へ行ってきました。
乗用車で東京を夜の11時に出発し、途中2度の休憩をして、
午前6時に着きました。

午前5時30分ぐらいに鳴門大橋に差しかかり、
そこからの風景は何だか懐かしく、また活気が強く感じられました。

昇る太陽を霧が覆い、
その太陽の前を貨物船や漁船が行き交っていました。
そして、海面から立ち上る湯気のようなものが、
いっそう熱気を高めていました。

その様子を車で走りながら写真に納めたのですが、
残念ながらピンぼけでた。

そして、後ろを見ると山が連なっています。

a090830002.jpg
【管理人撮影】

こちらは車から降りて撮影しました。


朝食を摂ったあと、早速、仕事に取りかかりましたが、
私の仕事は思ったより早く終わってしまいました。

車に同乗された方の仕事が終わるのを待っている間、
街を散策してみました。
(私ではその仕事が手伝えないので....)


少し歩いたところに線路がありました。

a090830003.jpg
【管理人撮影】

住宅街の中を行く電車、
現在でも使われているのかなぁと思ったので線路をアップしてみました。

a090830004.jpg
【管理人撮影】

畑仕事をしていたお婆さんに聞いてみましたが、
日中は数えるほどしか(電車は)通らないと言っていました。

東京では絶えず電車が走っています。
そして、当たり前のように時刻通りに電車はやってきます。

畑仕事をしていたお婆さんが、
「お前さんは東京モンか?」と聞いてきました。

「分かりますか?」と聞くと、
「見たら分かる」と言われました。

初めに日中は数えるほどしか電車が通らない話を聞いて、
現在の自分の生活に置き換えていました。

心の中で「(電車が)数本かぁ、今の生活が成り立つのかなぁ」など、考えていました。

そんな時に、お婆さんに「(東京モンだと)見たら分かる」と言われ、
心の中を見透かされているようでした。

環境に依存するのではなく、
環境を管理できる自分とならなければと思いました。


次は昼食を摂ったあとの話をさせていただきたいと思います。
初めて訪れた四国でしたが、
まさかの展開となってしまいました....。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様と皆様のご家庭に神様の祝福が共にありますように、
お祈り申し上げます。
ラベル:環境 管理 神様
posted by マイロ at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

雨のち晴れ

ご覧いただき、ありがとうございます。


今日は慌てていたため天気予報を確認せず、
洗濯物も干しっぱなしで出掛けました。

すると午後4時ぐらいから急に雲行きが怪しくなり、
真っ暗になりました。

雷と共に豪雨が降り始めました....。


今日は完全にプライベートのお話しです。

私の隣の家には70代のおじいさんがひとり住んでいます。

近所に娘さんがいて、週に2度ぐらい身の回りの世話に来られますが、
そのおじいさんはとても元気です。
家の庭先で、トマトやナス、キュウリなどを育てることを日課にしています。

そして、日曜の朝は「これから教会かい?気をつけていっておいで」とお声を掛けて下さいます。

枝バサミを軽快に操る音が聞こえていたので、「いつも精が出ますね」と言うと、「ワシにはこれしかないからな」と屈託のない笑顔がとても印象的なおじいさんです。


話を元に戻すと、
私は洗濯物を干しっぱなしだったことを後悔しながら自宅に帰ると、
何と洗濯物はありませんでした。

隣のおじいさんが取り込んで下さっていたのでした。
ビックリです。

おじいさんが「いやぁ〜、どうかと思ったんじゃが。折角干したのに雨に濡れちゃ、残念だと思ってな。取り込んどいたよ」と、洗濯物を渡して下さいました。

a090815001.jpg
【管理人撮影】

数十年前に比べると、
今は隣人とのお付き合いはかなり減少していることは周知の事実だと思います。

イザっと言うとき、家族以外にも頼れる存在が近くにいることはありがたいことだと思います。

私も地域社会に必要とされる人間になれるよう、
頑張りたいと思います。

本当におじいさん、ありがとうございます!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
ラベル:人類一家族
posted by マイロ at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。