2015年06月05日

統一教会のイメージ

前回の記事投稿から約5年前、
その間、拙いブログにたくさんの方が訪れていただき、
ありがとうございました。

励ましのコメントをいただいた方もいらっしゃいますし、
テレビでは「ピー」という音声が入るような
コメントをくださった方もいらっしゃいました。

等しく、このブログに興味を持っていただいた皆様、
ありがとうございました。


5年という歳月が経ち、
統一教会のイメージはどう変わったのでしょうか?
または統一教会はどのように変わったのでしょうか?

一番の変化は教祖である、
文鮮明先生の聖和(※)です。

韓国で行われた文鮮明先生の聖和式に参加させていただき、

さらに聖和から既に1000日が経ち、
5月30日に文鮮明先生聖和1000日を記念する式典が行われました。

約3年と言う期間は統一教会の信仰を持つ人は、
いろいろな思いを通過したと思いますし、
私もその一人です。

文鮮明先生の聖和をひと言では語ることもできないので、
いずれお話しできたらと思います。



これから自分の言葉で、
時間を見つけて、
このブログを更新をしていければと思います。

このブログをご覧いただいた全ての皆様に、
神様の祝福がありますことを心よりお祈り申し上げます。
ご覧いただき、
ありがとうございました。

※聖和とは、肉身を脱ぎ捨て、新しい世界(霊界)へと出発することで、
 すなわち亡くなることを指します。
タグ:統一協会
posted by マイロ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

世界平和実現のためのサッカー2

ご覧いただき、ありがとうございます。
今日もサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会のお話しです。

初めに、
日本代表選手、本当にお疲れ様でした!
そして、希望と熱い感動をありがとうございました!


結果はご存じだと思いますが、
W杯決勝トーナメント1回戦 日本0-0(PK3-5)パラグアイ

で、PKで敗れてしまいました....。


29日は午後10時半にはテレビの前に座っていました。

手に汗握る試合とはこのことでしょう。
しかし、だいぶボールは支配されていましたので、
選手たちの体力は大丈夫かと思いました。

ボール支配率から見ても、
日本は39%でしたので守備への負担は相当なものだったと思います。

日本はトーナメントに入り、
失敗が許されなかったため、
攻撃より守備に重点が置かれたのだと思います。


各国の評価を見ても、
日本の戦術に関して二分されていますね。

"日本の組織力は世界に通じる"と評価した国もあれば、
"攻めてに欠き、退屈な試合"と酷評した国もありました。


それでも、日本代表の活躍に日本中が歓喜しことに間違いはないと思います。
一人一人のプレーに感動し、
"日本は出来る!"と感じた方も多いのではないでしょうか?



今回のフランス代表は、
アンリ選手を初め、各国のリーグで活躍している選手が沢山いますね。

しかし、予選リーグから言われていた不仲説が表面化し、
予選リーグで一勝もあげることが出来なかったという結果を生みました。
それほど、チームプレーは選手間のコミュニケーションが大切です。


今回は控えに回ったGKの川口選手が試合後のインタビューで答えていました。

それは、
"犠牲心"
です。

「選手であれば試合に出たいと思うことは当然」、
「しかし、そう言った思いを押し殺してチームのためにどうすべきかを考えた」
と、いうことを話されていました。

そういった選手たちのこころが今回の日本代表の原動力の一つかも知れませんね。


先回もお話しした"ピースカップ"。
「サッカーを通じて、国家、宗教などの壁を越えて、人類の恒久平和実現を目指す。」という理念により発足しました。

文鮮明先生は世界平和実現のために様々なことを提言・提案されていますが、
W杯を見ると改めてサッカーに対して大きな期待をせざるを得ません。



このブログをご覧いただいた全ての皆様に、
神様の祝福がありますことを心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。
posted by マイロ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

世界平和実現のためのサッカー

ご覧いただき、ありがとうございます。
今日はサッカーのお話しです。


サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会で、日本代表は1次リーグ突破を決めましたね。私も朝の3時15分に起きて、応援しましたが、日本のプレーヤーの動きに一喜一憂してかなり疲れました。


ワールドカップ前の練習試合で思うような結果が残せず、岡田監督自身も”自分の進退をを問うた”と言われるまで、追い詰められていた日本代表でした。

しかし、ワールドカップが始まると今までの布陣を大幅に変更し、ミッドフィルダーというポジションだった本田選手をフォワードに起用。しかも、ワントップで....。

スターティングメンバーには私の好きな選手の中村俊介選手の名前はありませんでした。

守備的な要素の強い布陣のため、前線ではタメを作れる本田選手を筆頭に、独特のリズムを持つ松井選手、そしてドリブルの上手くて早い大久保選手。
この3人を生かすため、パスサッカーで局面を打開する俊介選手は岡田監督の構想から外れたのかも知れません。
個人的には残念....。

でも結局、功を奏し、マスコミや日本国民の反応も大きく変わりましたね。テレビやインターネットを見ても、日本に対する各国、各界からの賞賛の嵐です。


今回の代表メンバーを見て個人的に感じることは、
”心一つ”ということです。

”君が代”を日本代表が歌っているとき、皆で肩を組んでいますね。
ベンチにいる控えの選手もスタッフも然り....。

闘莉王選手が提案し、それをキャプテンの長谷川選手が岡田監督に、
「ベンチも肩を組んでくれますか?」と提言。
今までの日本代表にはない光景です。

そして、デンマーク戦で遠藤選手はフリーキックでゴールを決めた後、
満面の笑みを浮かべながらベンチに駆け寄っていきました。

控えに回っている今野選手が遠藤選手に話したそうです。
遠藤選手がゴールを決める夢を見たと....。

だから、ゴールを決めた後、すぐさまベンチに駆け寄ったのだと思いました。

ベンチにいる選手も同じような姿勢で臨み、
ピッチに立つ選手も必死にプレーしている姿が心を打たれますね。


今回の勝利に浮かれてばかりはいられませんね。
次の戦いが待っていますので、日本の地から声援を届けたいと思います。


文鮮明先生が設立された”鮮文平和サッカー財団”では、
”ピースカップ”というFIFA公認の国際大会を開催しています。

そのピースカップも早くワールドカップのような世界的認知を得られるような大会になって欲しいと願うばかりです。


boll.jpg


このブログをご覧いただいた全ての皆様に、
神様の祝福がありますことを心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました
posted by マイロ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

10月を終えて

ご覧いただき、ありがとうございます。

今日は先月の総括をしたいと思います。


9月までは毎日ブログを更新していましたが、
10月からは毎日更新しなくなりました。

その間、統一教会員だと思われるブログを見て回っていました。
本当に数が多くなったと思い、心強く思いました。


そのブログの盛り上がりに火をつけたのは間違いなく、
10月14日の天宙祝福式文鮮明先生の自叙伝『平和を愛する世界人として』の日本語版発刊ではないでしょうか。

文鮮明先生の生涯路程のお話しは、
先輩などから聞いていましたが、
実際に文鮮明先生から語られた自叙伝を読んでみると、
新しい発見や、聞いたこともないお話も飛び出し、
大きな感動と歩んでこられた道のりに感涙するばかりでした。

アマゾンのランキングでも常にトップなので、
まだご覧になっていない方はアマゾンなどでご購入いただければと思います。


一月前の9月、”統一教会”と検索した方は、
yahoo!とgoogleを合わせ、
24,650件でした。

6月が56,260件、
7月が25,230件、
8月が19,430件でした。


9月の検索結果で上位だったキーワードは、
「韓国 統一教会」と「理想の家庭 統一教会」でした。

韓国統一教会と検索した方は、
たぶん世界会長の亨進様のことや国進様のことを調べたかったのかも知れません。

先回の記事にも書きましたが、
亨進様はハーバード大学の哲学専攻とバード神学大学院の比較宗教学専攻をご卒業されています。

そして、世界の宗教指導者ともよく会談されていますし、
また様々なマスメディアにも登場されています。

9月末には英国放送のBBCが世界会長の亨進様にインタビューに来られたそうです。


天宙祝福式の報道は日本では行われませんでしたが、
このままだと本当に日本は情報において陸の孤島となってしまうように感じます。

BBCが統一教会をどのように思っているかまでは分かりませんが、
事実は事実として受け入れて報道しています。

しかし、日本では屈折した報道ばかり....、
残念なことです。


でも、「理想の家庭 統一教会」と検索して下さる方は2,750件あり、
統一教会を含むキーワードでは第4位でした。
それにはとても希望を感じました。

皆さんの理想家庭はどのようなものでしょうか?


このブログをご覧いただいた全ての皆様に、
神様の祝福がありますことを心よりお祈り申し上げます。
posted by マイロ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

9月を終えて

ご覧いただき、ありがとうございます。


昨日で9月も終わりました。
今日は9月の総評をしたいと思います。

個人的は激動の9月でした。
9月の初めまで、yahoo!で”統一教会”と検索されると、
4ページ目にこのブログが表示されましたが、
yahoo!とgoogleの検索エンジンアップデートのため、
圏外へ....。


ビジネス系ブログとして出発したものの、
最近は路線変更しているので、
seesaaのブログカテゴリーを変更しようと思います。

そのカテゴリーに”宗教”がないので、どこに移そうか迷っています。


どのような状態になっても、
文鮮明先生と神様の愛を証しすることの出来るブログにしたいと思っています。

優良な記事を書いていきたいと思います。


一月前の8月、”統一教会”と検索した方は、
yahoo!とgoogleを合わせ、
19,430件でした。

6月が56,260件で、
7月が25,230件。

少しずつ検索件数が減っています。
それは、一つのキーワードで検索する人が減っているからだと思います。

しかし、今月は文鮮明先生の自叙伝が発売されますので、大きく変動するかと思います。

その際、情報操作されたサイトやブログ見るのではなく、統一教会の信仰を持った方のサイトやブログをぜひ見て欲しいですね。
今日はこの辺で....。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

食口という言葉について

ご覧いただき、ありがとうございます。


昨日の終わりが”ペ・ヨンジュンさん”でしたが、
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、実はペ・ヨンジュンさんとチェ・ジウさんは27日に二人揃って来日していました。

それはアニメ版”冬のソナタ”のプロモーションなどを行うためです。
29日と今日30日の2日間、東京ドームでイベントを行い、2日間で9万名を動員したそうです。

その為、とても気になっていました。


”冬のソナタ”はとても印象深いドラマでした。

その世界観にグイグイと引き込まれ、いわゆる”はまってしまった状態”になりました。
私以外にも”はまってしまった状態”になった方は多かったのではないでしょうか。

そんな冬ソナも7年の月日を経て、アニメ版として復活しました。
各30分で計26話と短めですが、台詞などがどう変わったのか楽しみです。


東京ドームのイベントで、ヨン様が「私は今日、家族のみなさんと一緒に過ごすことができただけで感謝の気持ちでいっぱいです。」と語られていました。

ヨン様はスピーチでファンのことをファンとはいわず、”(私の)家族”と言います。

日本人だと少し照れてしまい、言えそうにもありませんが、実は統一教会では同じような意味合いの言葉を使います。

それは”食口(シック)”と言います。
食口とは”同じ釜の飯を食べる口”、すなわち家族を意味します。

食口という言葉は統一教会用語ではなく、ハングル(韓国語)です。


文鮮明先生のみ言集『統一教会と食口たち』に食口についての解釈が載っていますので、ご紹介します。

”神様の愛と人類を愛したい高貴なその因縁とその関係、そして本来の創造理想を中心として食口と言う。”とあります。

そして、”多くの食口の中で一人が悲しみに遭うようになれば、食口全体がその一人の悲しみに包括されてしまうのです。”とあります。

つまり、神様の存在を認識し、人類一家族世界を成そうとし、また心の痛みも共有できる関係が統一教会で言う食口だというのです。

もちろん温かな感情を共有するとこも重要ですね。

人種、宗教、国境という壁を越え、
世界が平和で一つになることを切に願って....。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

ネガティブキーワードについて

ご覧いただき、ありがとうございます。

今日は韓流ドラマ「スターの恋人」を観ていて感じたことをお話しします。
出演はチェ・ジウさん(イ・マリ役)、ユ・ジテさん(キム・チョルス役)などとても豪華なドラマです。

あらすじをご紹介します。
韓国だけでなくアジアで絶大な人気を誇る女優のイ・マリがイメージ戦略のために本を出版することになり、小説家志望の大学講師キム・チョルスが代筆をすることに....。

観ていない方のためにこれ以上の紹介は終わりにしますが、
第7話の中でイ・マリの所属する芸能事務所のソ社長の台詞で考えさせられた言葉をご紹介します。

”この業界に真実はない。
あるのは飛び交う噂だけだ。
活字になった瞬間、ウソも本当になる。”


これはドラマの台詞ではないか!と言われそうですが、
実際、その噂が韓国では大きな問題になりました。


少し前ですが、元巨人軍の投手チェ・ソンミンさんの元妻であり、
女優であったチェ・ジンシルさんはインターネットに書き込まれた中傷を理由に自殺をしたと言われています。


有名人や俳優はイメージが重要ですね。
でも、インターネットに飛び交う噂やイメージは今やそういった人々だけ脅かすものでなくなっていると思います。

”ブログが炎上した”という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。つまり、ブログに批判的なコメントが殺到し、閲覧不能になってしまうことです。

炎上するケースは希ですが、さりげなく批判的なコメントを書き込んだり、またそのようなサイトやブログを立ち上げたり、社会的地位を故意に下げようとする人たちもいます。

そういったサイトやブログを立ち上げることにより、
”多くの人がそう思っている”と思わせるためです。


残念ながら統一教会もそういった被害にあっていると言えるかも知れません。
文鮮明先生は為に生きる素晴らしさを説き、世界平和を実現する運動を展開しているのにも関わらず、その様なことが教会員のサイトやブログ以外に載ることはありません。

話しが二転三転してしまいましたが、
一人一人が良心をしっかりと持ち、生活できる世の中となればこの様なことは起きないと思います。


余談ですが、ユ・ジテさんの声、
ペ・ヨンジュンさんにそっくりだと思いませんか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする