2010年06月30日

世界平和実現のためのサッカー2

ご覧いただき、ありがとうございます。
今日もサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会のお話しです。

初めに、
日本代表選手、本当にお疲れ様でした!
そして、希望と熱い感動をありがとうございました!


結果はご存じだと思いますが、
W杯決勝トーナメント1回戦 日本0-0(PK3-5)パラグアイ

で、PKで敗れてしまいました....。


29日は午後10時半にはテレビの前に座っていました。

手に汗握る試合とはこのことでしょう。
しかし、だいぶボールは支配されていましたので、
選手たちの体力は大丈夫かと思いました。

ボール支配率から見ても、
日本は39%でしたので守備への負担は相当なものだったと思います。

日本はトーナメントに入り、
失敗が許されなかったため、
攻撃より守備に重点が置かれたのだと思います。


各国の評価を見ても、
日本の戦術に関して二分されていますね。

"日本の組織力は世界に通じる"と評価した国もあれば、
"攻めてに欠き、退屈な試合"と酷評した国もありました。


それでも、日本代表の活躍に日本中が歓喜しことに間違いはないと思います。
一人一人のプレーに感動し、
"日本は出来る!"と感じた方も多いのではないでしょうか?



今回のフランス代表は、
アンリ選手を初め、各国のリーグで活躍している選手が沢山いますね。

しかし、予選リーグから言われていた不仲説が表面化し、
予選リーグで一勝もあげることが出来なかったという結果を生みました。
それほど、チームプレーは選手間のコミュニケーションが大切です。


今回は控えに回ったGKの川口選手が試合後のインタビューで答えていました。

それは、
"犠牲心"
です。

「選手であれば試合に出たいと思うことは当然」、
「しかし、そう言った思いを押し殺してチームのためにどうすべきかを考えた」
と、いうことを話されていました。

そういった選手たちのこころが今回の日本代表の原動力の一つかも知れませんね。


先回もお話しした"ピースカップ"。
「サッカーを通じて、国家、宗教などの壁を越えて、人類の恒久平和実現を目指す。」という理念により発足しました。

文鮮明先生は世界平和実現のために様々なことを提言・提案されていますが、
W杯を見ると改めてサッカーに対して大きな期待をせざるを得ません。



このブログをご覧いただいた全ての皆様に、
神様の祝福がありますことを心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。
posted by マイロ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154943162

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。