2010年06月25日

世界平和実現のためのサッカー

ご覧いただき、ありがとうございます。
今日はサッカーのお話しです。


サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会で、日本代表は1次リーグ突破を決めましたね。私も朝の3時15分に起きて、応援しましたが、日本のプレーヤーの動きに一喜一憂してかなり疲れました。


ワールドカップ前の練習試合で思うような結果が残せず、岡田監督自身も”自分の進退をを問うた”と言われるまで、追い詰められていた日本代表でした。

しかし、ワールドカップが始まると今までの布陣を大幅に変更し、ミッドフィルダーというポジションだった本田選手をフォワードに起用。しかも、ワントップで....。

スターティングメンバーには私の好きな選手の中村俊介選手の名前はありませんでした。

守備的な要素の強い布陣のため、前線ではタメを作れる本田選手を筆頭に、独特のリズムを持つ松井選手、そしてドリブルの上手くて早い大久保選手。
この3人を生かすため、パスサッカーで局面を打開する俊介選手は岡田監督の構想から外れたのかも知れません。
個人的には残念....。

でも結局、功を奏し、マスコミや日本国民の反応も大きく変わりましたね。テレビやインターネットを見ても、日本に対する各国、各界からの賞賛の嵐です。


今回の代表メンバーを見て個人的に感じることは、
”心一つ”ということです。

”君が代”を日本代表が歌っているとき、皆で肩を組んでいますね。
ベンチにいる控えの選手もスタッフも然り....。

闘莉王選手が提案し、それをキャプテンの長谷川選手が岡田監督に、
「ベンチも肩を組んでくれますか?」と提言。
今までの日本代表にはない光景です。

そして、デンマーク戦で遠藤選手はフリーキックでゴールを決めた後、
満面の笑みを浮かべながらベンチに駆け寄っていきました。

控えに回っている今野選手が遠藤選手に話したそうです。
遠藤選手がゴールを決める夢を見たと....。

だから、ゴールを決めた後、すぐさまベンチに駆け寄ったのだと思いました。

ベンチにいる選手も同じような姿勢で臨み、
ピッチに立つ選手も必死にプレーしている姿が心を打たれますね。


今回の勝利に浮かれてばかりはいられませんね。
次の戦いが待っていますので、日本の地から声援を届けたいと思います。


文鮮明先生が設立された”鮮文平和サッカー財団”では、
”ピースカップ”というFIFA公認の国際大会を開催しています。

そのピースカップも早くワールドカップのような世界的認知を得られるような大会になって欲しいと願うばかりです。


boll.jpg


このブログをご覧いただいた全ての皆様に、
神様の祝福がありますことを心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました
posted by マイロ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154415578

この記事へのトラックバック