2009年09月29日

ネガティブキーワードについて

ご覧いただき、ありがとうございます。

今日は韓流ドラマ「スターの恋人」を観ていて感じたことをお話しします。
出演はチェ・ジウさん(イ・マリ役)、ユ・ジテさん(キム・チョルス役)などとても豪華なドラマです。

あらすじをご紹介します。
韓国だけでなくアジアで絶大な人気を誇る女優のイ・マリがイメージ戦略のために本を出版することになり、小説家志望の大学講師キム・チョルスが代筆をすることに....。

観ていない方のためにこれ以上の紹介は終わりにしますが、
第7話の中でイ・マリの所属する芸能事務所のソ社長の台詞で考えさせられた言葉をご紹介します。

”この業界に真実はない。
あるのは飛び交う噂だけだ。
活字になった瞬間、ウソも本当になる。”


これはドラマの台詞ではないか!と言われそうですが、
実際、その噂が韓国では大きな問題になりました。


少し前ですが、元巨人軍の投手チェ・ソンミンさんの元妻であり、
女優であったチェ・ジンシルさんはインターネットに書き込まれた中傷を理由に自殺をしたと言われています。


有名人や俳優はイメージが重要ですね。
でも、インターネットに飛び交う噂やイメージは今やそういった人々だけ脅かすものでなくなっていると思います。

”ブログが炎上した”という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。つまり、ブログに批判的なコメントが殺到し、閲覧不能になってしまうことです。

炎上するケースは希ですが、さりげなく批判的なコメントを書き込んだり、またそのようなサイトやブログを立ち上げたり、社会的地位を故意に下げようとする人たちもいます。

そういったサイトやブログを立ち上げることにより、
”多くの人がそう思っている”と思わせるためです。


残念ながら統一教会もそういった被害にあっていると言えるかも知れません。
文鮮明先生は為に生きる素晴らしさを説き、世界平和を実現する運動を展開しているのにも関わらず、その様なことが教会員のサイトやブログ以外に載ることはありません。

話しが二転三転してしまいましたが、
一人一人が良心をしっかりと持ち、生活できる世の中となればこの様なことは起きないと思います。


余談ですが、ユ・ジテさんの声、
ペ・ヨンジュンさんにそっくりだと思いませんか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129133865

この記事へのトラックバック