2009年09月26日

またも拉致監禁事件発生!!

ご覧いただき、ありがとうございます。


今日は再度拉致監禁についてお話ししたいと思います。

先日、拉致監禁の記事を書いたばかりですが、
その直後、拉致監禁事件が起きたようです。

拉致監禁をなくす会」を再度ご確認ください。


世間的な意見として、
統一教会の信者はマインドコントロールされているからしかたない、
と言う人もいるようですが、

マインドコントロールという言葉自体、怪しい言葉だと私は思います。

身体的な自由を奪い、
また、狭い部屋に閉じ込められ、
外部との連絡も一切当事者は取れません。

ひたすら反対牧師や元信者、そして家族からの説得を受けるのです。

特に説得が長期に及ぶと精神的にかなり追い詰められます。

会社員である人は会社に行けません。

しかし、実際は反対牧師の指導により家族が会社に、
「もう子供は会社を辞めると言っていました。」と連絡するよう手はずを取っています。

学生であれば、
「少しの間、休学します。」と連絡を既に入れているのです。


だから、反対牧師たちは、
「心おきなく話し合いをしよう!」と言ってきますが、
その環境は話し合いの環境ではありません。

あくまでも、
拉致監禁事件であり、
法律違反であります。


早く警察が介入し、
事件の解明、そして改宗業を主としている反対牧師たちの一掃を願うばかりです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますように、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致監禁関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。