2009年10月31日

統一教会の礼拝「神から愛される者の道」

ご覧いただき、感謝しております。

今日は10月25日の礼拝説教の要約をお伝えします。

日付:2009年10月25日
題目:神から愛される者の道


礼拝前に亨進様が二万一千拝の敬礼式をされたときのVTRを見ました。

何度か拝見させていただいていますが、
私は初めて見たとき驚いたことが幾つかありました。

その内のひとつはVTRの最初にあります。
「私たちのいう真の愛は他の宗教より優れていますか?」
と亨進様が語られる場面です。


ちょっと亨進様の経歴を少しご紹介したいと思います。

亨進様は2004年6月にハーバード大学の哲学専攻をご卒業され、
2006年6月にはハーバード神学大学院の比較宗教学専攻をご卒業されています。

ハーバード大学在学中、イタリア、ローマ、インドのダラムサラ、中国、台湾、日本、フィリピンなどの宗教聖地を訪問され、世界的な宗教指導者と会談をされています。

世界中の宗教を勉強され、研究してこられた亨進様が言われた言葉なのです。

”私たちのいう真の愛”とは現在の私自身の姿を問いただされている感じがして、とても悔い改めました。


その後、「七死復活 八段完成」に関する深いお話しに続いていくのですが、このことは以前、触れたので割愛させていただきます。


VTR後、文鮮明先生の自叙伝『平和を愛する世界人として』の一部を訓読し、礼拝が始まりました。



ここから礼拝説教の要約です。

日本の牧会者は韓国の本部教会に行くようにと指示があり、
世界会長の亨進様の礼拝を聞いてきました。
第三回目の研修会で、
”信仰の試練”というテーマでした。

日曜日は午前5時からの訓読会です。
この日は大会があるのに8時まで行いました。
これが統一家の伝統です。

フンサとういう亨進様に侍るご家庭がいらっしゃいます。
この方は信仰歴30年以上の方で、年休2日だそうです。
朝2時に起床され、山に登られ水をくんでこられ、
朝5時の敬礼式にその水で聖水をすくるそうです。


授受作用を形成すると、
四位基台は神様の創造目的でした。

統一原理を一言で言うと、授受作用と四位基台だと言えます。
それを形にすると統一マークでした。
だから、亨進様はそのペンダントをかけて礼拝をされます。

欲しいと思いますか?
と聞かれると欲しい!と思うじゃないですか。
だから、欲しい!というとそんな簡単に手に入ると思うのか!と亨進様が言われました。
しかし、礼拝が終わると売店で売っていました(笑い)


午後4時からは日本食口のための礼拝です。
大解怨役事が終わってこられた食口が大挙してきたので、
この回が一杯でした。


ユニフケーションヘッドクオーターチャーチ、統一教となっていました。
どんな方もお迎えできる教会、仏教、キリスト教、イスラム教などどの宗教でもお迎えできるのが統一教となりました。
それは文鮮明先生からの許可をいただいて、統一教となりました。

世界経典としてコーランや仏典、そして文鮮明先生のみ言からの語句を引用され、亨進様は説教をされていました。


10月14日は平和の王戴冠式を三度越え、天宙的祝福式として、万王の王としてして下さった祝福式です。
過去の罪の痕跡も消してくださる祝福式。
私が参加したというレベルではなく、氏族メシヤとして参加したということです。


文鮮明先生は我が息子娘として、地獄のそこまでに行かれ、そのお体をズタズタにされながらも生かして下さった、それが一度だけではなく五回、六回、七回でした。
その象徴的条件が二万一千拝の敬礼式でした。


亨進様の礼拝に参加させていただいてすごいと思ったことは、
礼拝毎回手を抜かないことです。
毎回、服が汗でびっしょりです。


文鮮明先生は二時間、三時間しか休みまれませんが、
世の中でそういう人はいないと思いますか?
お金儲けのためにそういう生活をする人はいますよね。

自分の地位名誉財産にしているとサタンは認めません。
サタンが出来ないのは自己犠牲、自己否定ですので、
そういうために生活を送っている人には屈服せざるを得ないのです。


皆さん、アンネの日記を読みましたね。
ユダヤ人ということで600万名が虐殺されました。

そういう結果により、世論がそれは人権問題だと騒ぎ立てました。
そして、48年イスラエルの建国が許されました。

統一教会員が拉致監禁されている問題について、
必ず世界の世論がそのように動くと思います。

信仰が大きくなると現実が小さくなり、現実を大きくなると信仰が小さくなります。


10月14日の祝福式、世界100カ国からマスコミが取材に来ました。
中には新聞の一面に掲載されたケースもあります。
しかし、日本のマスコミは来ませんでした。

誤解と偏見を報道する時代は終わりました。

以上です。

七死復活、八段完成者であられる文鮮明先生ご夫妻に侍る我々となれるよう、新しい統一家の伝統を、神様の伝統を、立てていけるよう頑張りましょう。

ご覧いただいた全ての皆様に、
神様の祝福がありますことを心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございました。
posted by マイロ at 21:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

統一教会の礼拝「祝福と相続」

ご覧いただき、ありがとうございます。
10月18日の礼拝に参加してきましたので、
その要約をお知らせします。

日付:2009年10月18日
題目:祝福と相続


10月14日、とてつもなく大きな祝福をいただきました。
中にはまだ参加されていない方もいらっしゃると思いますし、
青年の方もまだ受けていない方もいらっしゃると思います。

文鮮明先生はそこに集う方は全てに祝福を与えてくださいました。


祝福とは一体何なのか、
それは真の愛の相続と言えます。

特に先天時代という時代をよく知っている方は罪の清算のような感覚を持たれている方もいらっしゃるかと思います。

後天時代では強調されることは違います。

祝福とはその時の如くお祝いです。
罪を清算すると言うことではないのです。

罪の清算といえばどちらかというと受動的な恩恵であります。
真の愛の相続、完成というと能動的、主体的な恩恵です。

祝福とは真の愛の相続です。


三時代大転換祝福永遠宣布式は始めに36家庭の先輩家庭や777双の先輩家庭から修練会が始まりました。

私から見ると文鮮明先生との心情関係はものすごい絆をお持ちですが、しかし、文鮮明先生はこの中に先生と一緒に天国に入るものがいないと言って涙されたと聞いています。


10月14日もとてつもない祝福をくださいました。
天宙的な祝福、七死復活、八段完成の基台の上に行われました。

亨進様は誰であっても祝福に参加するよう教育してくださいました。
文鮮明先生は哀れに見えるぐらい私たちを信じて祝福をしてくださいました。

亨進様が真の愛がどのようなものなのか、悟りを得られ、反省と悔い改めの手紙を文鮮明先生に書かれました。
その手紙を金補佐官が次の日、文鮮明先生の前で読まれました。

金先生が「私は50年、直接お父様に侍ってきたのに、真の愛がこのような愛だと言うことを知りませんでした。」と語られています。

そして、その手紙を聞いていらっしゃった文鮮明先生は泣くまいと我慢していらっしゃったようですが、「ついに悟ったんだね」と涙されたそうです。

亨進様は現在30歳ですが、
本物の血統がつながっているとこはとてつもないことです。
本当にご子女様が我々のアベルであることがはっきり分かりました。

重荷的に言ってもしかたありませんが、果たすべきことが出来ていないのに、必ず愛の家庭を築いてくれることを信じて、祝福してくださいました。


真の愛は神様さえもひれ伏すと言われています。

太陽光は無色ですが、プリズムを通すと7色の光になると言われますが、
それが家庭における愛の姿です。

このことを切っ掛けとして、夫婦との関係、子供との関係、親戚との関係を真なるものとするために、やり遂げてくれることを信じて、10月14日に託してくださいました。

真の愛は自由な意志と行動で成り立つものです。
善なることしか出来ないように神様は人間をプログラムできなかったのです。
自分のやりたいことを置いて、私の為に動いてくれたと言うときに、愛を感じるわけです。
愛を完成するためにちょっと良いプログラムはないんですか?と言うことではいけません。自分の意志において行動することが重要です。

亨進様のみ言の中に感銘を受けたことがあります。
真の愛と軽々しく言っていましたが、悟られ、悔い改めの手紙を書かれ、
文鮮明先生は泣くまいと思っても涙が流れたのです。

本質的には真のご子女様と一つにならなければ、文鮮明先生ご夫妻と一つになれません。
自発的に、自分としては何をどうするのか。

国進様は文鮮明先生の苦労を軽減して差し上げたいために組織整備をしたいと言われていましたが、
ある時まで文鮮明先生は一切、手をつけるなと言われました。
今はそれが許され、今はものすごい発展をしています。

10月14日の恩恵を受けたことは始まりであり、真の愛を相続するための出発であります。出発自体は自分自身の自由な心で、文鮮明先生ご夫妻をお支えすることを自由な意志で行えるか、出発しないとならないと思います。

拉致の問題は直接関われることが少ないかと思いますが、意志を持って研究してくださいと言っておられました。

自発的な心は一人一人持たないと動きません。
根本的には自分自身が恐怖心やめんどくささに打ち勝っていくこと。
今まではそういう歩みを振り切ってきましたが、
今はそうではありません。

蕩減と言っても失われた創造目的を完成するのが本来の意味です。
罪の清算は途中経過です。

幼い私をどれほど忍耐され、祈ってくださっていた文鮮明先生の姿があったでしょうか。私を通して文鮮明先生の心情を解放する歩みをするために、
本当の祝福を相続する私になっていきましょう。



以上が、説教要約です。

み言の訓読では、『Today's World Japan』に掲載されている
亨進様のみ言を訓読しました。

近々、そのみ言もご紹介していきたいと思いますが、
真の愛という言葉の裏側にものすごい血の涙があったのだと、
実感しました。

私もその祝福式(10月14日)に参加させていただきましたが、
そのみ言によってとても内外共に整理され、
参加することが出来ました。

本当に多くの皆様に価値を知り、
祝福式にご参加いただきたいと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

「拉致監禁解放のための特別集会」に参加して

ご覧いただき、ありがとうございます。


今日は世田谷教会で行われた「拉致監禁解放のための特別集会」に参加してきました。
その報告をさせていただきたいと思います。

始めに12年5ヶ月、監禁されていた後藤さんのビデオを見ました。
実は何度かそのビデオを拝見させていただいていますが、
いつ見てもその被害の大きさ、事態の重さに心苦しくなります。


その後、拉致監禁された所から逃げてきた兄弟の証しがありました。

実際に監禁された部屋は監禁用にリフォームされていて、
通常ではその部屋から出られないようになっていたそうです。

開けられないように細工してあるカギ、蹴ったとしてもビクともしない窓ガラス、トイレのカギも外されている....。
など、本当にひどい環境だと思います。

到底、話し合いをする環境ではないと思います。
キリスト教を信仰し、神様を信じている牧師がそのようなことをするのでしょうか?
信じられません。


その次に統一教会の法務局の方の講話がありました。

日本では統一教会の信者における拉致監禁事件が起きても、
警察はまったく動かないと話していました。

”家族間の問題”と位置づけてしまうようです。


その後、後藤さんがアメリカに渡り、
拉致監禁を撲滅する運動を展開された話となりました。

後藤さんはアメリカの国務省宗教自由課にて、
人権運動を行っている方たちと会い、
「日本での拉致監禁活動はあってはならないことだ!」と言われたそうです。

このことを聞いて、「それはアメリカが権利の国だからでしょう」と言われるかも知れません。

しかし、日本で生まれると”人権”という、人として生まれた当然の権利を当然のものと出来ないのでしょうか?

自分が信じる神様を”神様”と言えないのでしょうか?


拉致監禁に携わったキリスト教の牧師たちが一体何をしてきたのか、拉致監禁に携わった正義を司るべき弁護士人たちが一体何をしてきたのか、赤裸々にされる時が一日でも早く訪れることを切に願うばかりです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 拉致監禁関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

統一教会の礼拝「恐れのない愛」

ご覧いただき、ありがとうございます。


今日は日曜日のため礼拝に参加して来ました。
その要約をお知らせします。


題目:恐れのない愛

先週は韓国の本部礼拝に参加させていただいてきました。大変ビックリすることもありましたが、とても恵みの多い礼拝でした。

その本部では一日に5回も礼拝をしていました。朝5時からその場で集会があったので、それを含めると亨進様は6回も説教をされていました。

亨進様は説教に入る前に面白い話をされてから礼拝をするので大変かと思います。

では、その話をしたいと思います。(笑い)

四歳のヨンミちゃんがいました。

お母さんが「ヨンミちゃん、素晴らしいお話しがあるのよ」と言いました。「これからあなたと一緒にご飯を食べたり、一緒に遊んだりすることの出来る弟が出来たのよ」というと「どこに弟がいるの」とヨンミちゃんは聞きました。

するとお母さんは「お母さんのお腹の中にいるのよ」というとヨンミちゃんは急に泣き出しました。
どうしてかと尋ねるとお母さんが弟を食べちゃったからと言う話でした。(笑い)

亨進様はテンションを変えず、その話をしているので、すごいと思いました。

しかし、同じ話を4回聞いている日本の牧会者30数名を前にして、「何度も聞いていると思いますが、日本の牧会者は初めて聞いたように笑ってくださいね。」とおっしゃいました。

8時、10時、12時、午後2時、4時と5回さていますが、前日土曜日に英語礼拝をされています。

天福宮を見学してきました。その場所は市民会館だったそうで、2100名ぐらい入るところで、現在はリフォーム中で来年完成予定だそうです。2階席もあるそうです。

今は周りに足場が組まれていましたが、感覚として見ると大きいと思いました。


今は統一教会を恐れず、伝道する時代です。

何と言いましても日本語で文鮮明先生の自叙伝『平和を愛する世界人として』が発刊されます。これは文鮮明先生ご自身の立場で語られた内容ですので、驚くべきことです。

日本から韓国に帰ろうと船にまで行かれましたが、気が向かず乗らなかったと言われていましたが、この本にはその後お友達と富士山に登られたと書いてありました。

これを見て文鮮明先生は富士山に登られていたのか、と思い富士山に登りたくなりました。

文鮮明先生を日本統一教会創立50周年の式典にお迎えできませんが、この本はとても意味があると思います。この本には文鮮明先生の内情・心情が綴られています。


亨進様は恐れを持たず、伝道していこうと言うことで、黄色いジャケットと帽子をかぶって路傍伝道されていました。

礼拝の説教の中では恐れず伝道しましょうと言う内容と共に日本で拉致監禁のことを話されていました。残念ですが拉致監禁にあうと帰ってこない人もいます。本当に残念なことです。

後藤さんは12年5ヶ月、命かながら帰ってこられました。解放と言うことではなく、罵られ担がれ放り出されたのです。統一教会がまだあるのか分からず、文鮮明先生がまだ生きていらっしゃるのか分からず、と言った状態でした。

しかし、この様な被害に遭っているのにもかかわらず、人権侵害という事実を前にして警察は動いていませんし、正義を誓った弁護士などもその人権侵害に関与しています。

本来であれば法律を守り、人権を守るはずの弁護士が行っているのです。

親の名の下であっても信仰の自由を奪うことは出来ないと憲法でも認められています。

人の人権を奪うという行為をしてはいけません、許されないことです。それは神様の祝福を侵害することです。神の子としての存在を打ち消そうという行為です。

拉致監禁に合うと親子の関係がズタズタになってしまいます。

しかし、積極的に、恐れない我々になりましょう。
神様が我々を召してくださったので氏族のメシヤとなっているのですが、我々が責任を果たした時に真に氏族のメシヤとなれます。

解放釈放祝福の10月度迎えました。この現状を見ると多くの問題があります。
しかし、この様な混乱を越えてこられたのが文鮮明先生です。6度の牢獄生活を経験され、ヘリコプター事故を経験されました。

これから少しずつでも代表された選民としていわれのない誤解や偏見、受ける被害を含め全ての歴史を蕩減し、民族を蕩減し、請け負うことができる我々となりましょう。

そして、人間的に感情的にならず良しとしていけるよう頑張りましょう。


以上で、説教の要約を終わります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 15:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

9月を終えて

ご覧いただき、ありがとうございます。


昨日で9月も終わりました。
今日は9月の総評をしたいと思います。

個人的は激動の9月でした。
9月の初めまで、yahoo!で”統一教会”と検索されると、
4ページ目にこのブログが表示されましたが、
yahoo!とgoogleの検索エンジンアップデートのため、
圏外へ....。


ビジネス系ブログとして出発したものの、
最近は路線変更しているので、
seesaaのブログカテゴリーを変更しようと思います。

そのカテゴリーに”宗教”がないので、どこに移そうか迷っています。


どのような状態になっても、
文鮮明先生と神様の愛を証しすることの出来るブログにしたいと思っています。

優良な記事を書いていきたいと思います。


一月前の8月、”統一教会”と検索した方は、
yahoo!とgoogleを合わせ、
19,430件でした。

6月が56,260件で、
7月が25,230件。

少しずつ検索件数が減っています。
それは、一つのキーワードで検索する人が減っているからだと思います。

しかし、今月は文鮮明先生の自叙伝が発売されますので、大きく変動するかと思います。

その際、情報操作されたサイトやブログ見るのではなく、統一教会の信仰を持った方のサイトやブログをぜひ見て欲しいですね。
今日はこの辺で....。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
皆様に神様の祝福が共にありますよう、お祈り申し上げます。
posted by マイロ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。